ボトックスの副作用をチェック【効き方に個人差がある!】

サイトメニュー

続けて施術を受ける

医者と看護師

症状が軽いものばかり

ボトックスはボツリヌス菌という細菌と同じような働きをすることができる薬剤です。たんぱく質でできていますが、性質の特性上からだの中に何度も取り入れることで耐性がついてしまうこともあるようです。ごくまれなことですが、短期間に繰り返し施術を受けると薬の効き目が弱まる副作用が出現する恐れがあります。その時には少し間隔をあけてから施術を受けるようにするなど、体を元の状態に戻しておくことで、再びボトックスの効果が戻ります。最初の数回でこのようなことになることはないので、このような副作用がでることを必要以上に恐れることはありません。ボトックスは効果が続く期間が限られているので、同じ効果を持続させたいと思った時には、何度か施術を繰り返す必要があります。薬の効果が完全になくなって皮膚の状態が元に戻ってから次の施術を受けるよりも、まだボトックスの効果が弱く残っている時に次の施術を受けることをおすすめします。これは、薬の効き目を長くするためで、完全に薬の効果がなくなっていると、何度目かの注射をしても効果が続く期間はほぼ同じです。それに対して、少しでも効き目が残っている時に次の注射をすると、持続期間を長くすることができると言われています。ボトックスの副作用には命に関わるような重篤なものはほとんどありません。注射をして針を刺し、薬剤を体内に入れるだけなので傷跡がおおきく残ったり、出血が大量になったりする心配もないでしょう。しかし、針を刺すということで場合によっては注射部位の周囲に内出血を起こす可能性はあります。これは軽い副作用のひとつで完全に予防することはできませんが、起きたとしても数日で消失しますしメイクで隠すことも可能です。他には施術後に頭痛を感じる人もいますが、これは筋肉が一部動かない状態になったことで、筋肉のバランスが乱れたためだと言われています。頭痛も施術後数日以内に起こる副作用ですが、体が施術後の状態に慣れてくると徐々に傷みも軽くなることがほとんどです。まれに頭痛が長く続くこともあるようなので、その場合には医師の診察を受けて鎮痛剤をもらうなどの対策をしましょう。副作用だと予測していると、実は違う原因が隠れていることもあるので、長く頭痛が続く時や強い痛みを生じる時には、早めに医師の診察を受けるようにします。他には予定と違う場所に薬の効果がでてしまったり、効果が強く出過ぎると言う副作用もあります。これはボトックスの効き方に個人差があることで起こります。

基本的なことを調べておく

注射器

ボトックス施術ではアンチエイジングや小顔効果を実感できます。しかし、時には副作用が起こることもあります。費用や評判はクリニックによって異なるので、いくつかのクリニックを比較してから予約を入れるようにしましょう。

詳しく見る

効果を実感できやすい

看護師

ボトックスは副作用が出ることもありますが、全体的に手軽に受けられる美容整形と評判になっています。希望どおりになれると好評なのです。ただし、クリニック選びによってその満足度は異なります。評判の良いクリニックを選びましょう。

詳しく見る

施術が簡単にできる

注射器

ボトックスが人気なのは副作用が少なく、費用も手頃だからです。また、施術そのものも簡単なものとなっています。仕組みをきちんと調べてから施術を受けましょう。また、クリニックによってサービス内容も異なります。

詳しく見る

詳細を調べておこう

カウンセリング

ボトックス施術前の準備は大事です。副作用は出るのか調べておきましょう。また、施術の予約方法についても調べておくことをおすすめします。通常、カウンセリングの予約を入れ、その後に施術日を決定することになっています。

詳しく見る

人気記事

注射器

施術が簡単にできる

ボトックスが人気なのは副作用が少なく、費用も手頃だからです。また、施術そのものも簡単なものとなっています。仕組みをきちんと調べてから施術を受けましょう。また、クリニックによってサービス内容も異なります。

カウンセリング

詳細を調べておこう

ボトックス施術前の準備は大事です。副作用は出るのか調べておきましょう。また、施術の予約方法についても調べておくことをおすすめします。通常、カウンセリングの予約を入れ、その後に施術日を決定することになっています。

Copyright© 2018 ボトックスの副作用をチェック【効き方に個人差がある!】 All Rights Reserved.